持ち株が倒産して上場廃止になって学んだこと

f:id:ishikawayulio:20160717132647j:plain

自分は過去に株を保有していた経験があってさ。持ち株が倒産し、一瞬にして価値のない株券に変わってしまったことがあるんだよ。

もうね、心はどんより曇ってね。株って怖いなぁって感じたんだ。決して良い投資経験じゃなかったけれど、そこで自分が学んだことを話すよ。

ここから先は、いっさい株の話はでてきません。あしからず。

リスクは分散せよ

何でもそうだけど、一点集中にするのは危険なのかもしれない。リスクは分散しておいたほうがいい。

例えばブログにしても複数ブログ運営スタイルにしている。ワードプレスやはてなブログなどでブログ運営をしている。

しかも、いつの間にかブログの数が増えてしまう怪現象が起きている。

ちょっとでも面白いと感じたことをやってみよう

面白そうとちょっとでも思ったことは、とりあえずやってみるところがあってさ。

ネットゲームにはまっていた頃は、キャラクターの冒険の様子をスクリーンショットで撮って、ネトゲのプレイ日記ブログを作っていたこともあった。

www.ishikawayulio.net

結構、まめに更新していたからね。自キャラのステータスの振り方とかボス狩り特化のキャラの考察をしていた。

今は全くネトゲ自体やらなくなったけど、良い想い出です。

気になることを知るために行動せよ

毎年、鍼灸師の数が増えている現実がある。正直、日本で鍼灸師として生活できるのだろうかと冷静に考えている。

日本では供給過多だとしても海外では鍼灸師が求められている場合もあるかもしれない。

shinkyublog.net

外国によっては日本の鍼灸師の資格で鍼灸ができるところもあるみたい。現に海外で鍼灸を開業している治療院のホームページを見かけたこともあってね。

外国の国によっては、日本の地方に住むよりも安く生活できる。日本と比べると物価も安いことも分かった。

日本だけでの生活だと何かあった時、行動範囲がせまくなる。海外に目を向けるのもありだろう。人生のリスク分散は大切かもしれない。

Googleアドセンスで得たお金の振り込みは、外国の銀行に設定した場合、その国の紙幣で振り込まれることも分かりました。

都会に離れて地方に住むのか、海外に住むのか

ユーリオ家は両親が地方出身者ということもあり、父親が自然あふれる田舎での生活をしたいみたい。

都会とは別に地方の古民家を持ち、週末、生活している。私も長期の休みの時や週末にいっしょに田舎の古民家に行く時がある。

地方の食料品店で購入する食べ物は、都会のものと比べると安いし、美味しいと感じる。

しかし、自分が地方で暮らすと考えた場合、よし、住もうとはなりにくい。生活費のコストを徹底的に下げるのであれば、物価の安い海外の国もありなのかもしれない。

ブログを書いている人は都会から、地方に移住する人も多いけど、海外に移住してブログを発信している人もいる。

その逆に日本に住む外国人が、日本のことを現地の言葉で書いて発信している場合もあるんだよ。

一生、日本に住む。外国には絶対住まない等の縛りをしない方がいいのかもしれない。フットワークはなるべく軽くしておきたいと思った。

ユーリオ的まとめ

持ち株の会社が倒産して学んだことは、リスク分散の大切さ。ブログ運営でもそうだけど、ひとつに絞らず、複数に分散しておく。

また、生活に関しても、複数の収入源があることが望ましいのかなと考えている。

例えば、海外の現地採用組で就職して働こうと考えている人がいたらさ。現地での給料の金額は、下手をしたらネットとパソコンさえあればできる在宅ワークスで稼げる金額より低いかもしれない。 

サグーワークス

簡単なテキスト作成をしてお金が入る。

 

高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

こちらは審査があるが、高単価なライターの仕事がある。

 

Shinobiライティング
 

好きな案件を選んで記事を書くことができる。

ブログルポ

手軽にネットバイトで文章を書ける。

日本では在宅ワークスで得ることのできるお金って低いと聞いたことがあるけどね。

外国に住んでいる日本語が堪能な外国人からしらさ。申し分ないお金になる場合だってある。

もうね、時と場所じゃないけど、住んでいるところによって物価は違うからね。日本では少ない金額でも、外国では大金になってしまう場合だってある。

自分の中でのリスク分散は必要なのかもしれないですね。

新しい在宅ワーク クラウドソーシング超入門 クラウドワークス公認版 (impress QuickBooks)

新しい在宅ワーク クラウドソーシング超入門 クラウドワークス公認版 (impress QuickBooks)