読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

執筆環境を紹介!寝ながらでも電車でもどこでも書ける

ブログ運営

f:id:ishikawayulio:20151122160840j:plain

小説家、ライター、ブロガーなどの文章を書く人たちがどんな環境で日々書いているのかって気になる話題なのかなって思うんだよ。

自分は書くのがあまり早くないからね。書くスピードは他のブロガーたちにかなわないと自覚している。

スピードをどこで補うのかというとさ。どこでも書ける環境にしておくこと。一応、家にはパソコン(ノートパソコン)はあるんだけどね。

その他にも書くための機械を多数所持している。今回は自分の執筆環境を公開します。

ポメラで寝そべって書く

2012年7月にポメラを購入したんだけどね。今でも壊れずに使用できてるんだ。

www.ishikawayulio.net

もうね、書くことのみに特化しているからね。ネットサーフィンの誘惑もないし強制的に書くことのみに集中できる。

玄関開けたら2分でご飯じゃないけどね。ポメラのフタを開いたら2秒で執筆開始できるんだよ。

f:id:ishikawayulio:20151120134744j:plain

SDカードに文章を保存できるのでポメラで書いたもの(メモ機能で保存)をパソコンから編集できる。

f:id:ishikawayulio:20151120134951j:plain

単3電池で動くので充電式の電池を使っている。

f:id:ishikawayulio:20151120135004j:plain

Panasonic eneloop 急速充電器セット 単3形充電池 2本付き スタンダードモデル K-KJ23MCC20

Panasonic eneloop 急速充電器セット 単3形充電池 2本付き スタンダードモデル K-KJ23MCC20

 

3年以上ポメラを使用しているのでキーボードを支えるためのゴムが取れてしまった。

f:id:ishikawayulio:20151120135030j:plain

ゴムが取れても大丈夫! 替えが売られている。下記から購入可能です。

www.kingjim-store.jp

自分は25600円で購入したんだけどさ。現在は2万円ぐらいで購入できるみたい。布団にくるまってポメラで寝ながら書いている時が多い。

キングジム デジタルメモ ポメラ  DM100 ブラック

キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック

 

スマホ用モバイルキーボードで電車の移動中に書く

iPhone6Sが発売されても機種変更せずに5Sを使い続けている。それには理由があってね。

5Sにモバイルキーボードを取り付けて電車の移動中や学校の教室で書くことができるからなんだ。

自分は片道20分ほど歩いて駅に到着し電車通学。急行とかの混んでいる電車は苦手なので各停にしている。

各停は必ず座れるからね。席に座ったらモバイルキーボードをiPhone5Sに装着することにしている。 

f:id:ishikawayulio:20151122153616p:plain

f:id:ishikawayulio:20151122153711p:plain

f:id:ishikawayulio:20151122153743p:plain

こんな感じで取り付けてる。6Sだと両手が疲れそうなので5Sを使い続けている。

iBUFFALO Bluetooth2.0 コンパクトキーボード iPhone4S/4 両対応 ケース一体型モデル ブラック BSKBB07BK

iBUFFALO Bluetooth2.0 コンパクトキーボード iPhone4S/4 両対応 ケース一体型モデル ブラック BSKBB07BK

 

※もう生産されていないみたい。

徒歩20分歩いたことで脳が活性化されているのもあるのかもしれないけれどさ。車内でいい感じに書き始めることができる。
※あくまで個人の感想です。

親指でぽちぽちキーボードを打ちながらなので速度はパソコンのキーボードと比べると遅いけれどね。読み直したり考えながらなのでちょうどいいかな。

ユーリオ的まとめ

ポメラやiPhone5Sで書いたものをブログ記事用に調整し投稿しているんだけどさ。 記事が正常に投稿されたのを確認すると達成感があるんだよ。

大げさに言わせてもらうとね。電車の移動中にすらすら文章を書くことができた成功体験は脳が覚えている。

自分は書くことができる! 脳は無意識にそんなことを思っているはずなんだよ。

錯覚でもいいからさ、脳が自分は書けると勝手に思い込んでいるならしめたもの!

錯覚を最大限に利用して懲りずに書き始める。気分はすらすら書いているイメージを思い浮かべながら。

もうね、スポーツ選手がイメージトレーニングをする要領みたいな感じかな。脳の活性化! 脳の錯覚! もう何でもありなんだけどさ。

使える物は何でも使いましょう。日々、書き続けることによって書くことが習慣になればやったーと叫んでいいかもしれない。

いずれ書くネタに困る日がやってくるんだろうな、とは感じている。その時こそが分かれ目になるでしょうね。

ほとんどの人が続けることのできないブログだからさ。自分も辞めてしまうのか。

それとも乗り切ることができるのか。自分自身、どのような結果を迎えるのか見届けたい。

小説家が散歩した後に自宅で執筆をしている話をどこかで聞いたことがある。また、発明やアイディアは歩いている時に浮かんだりするのも聞いたことがある。

個人的には脳を活性化させるツボがあるのならば、是非ともそこに鍼を刺したい。

それで効果がありすらすら書くことができたとしたらさ。全国のブロガーご用達の鍼灸院が誕生しちゃうかも。

だって鍼灸で創作活動が倍増されるわけだからね。 冗談ではなく結構真面目に考えている医療系専門学生がここにいますよ。