読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterの自動ミュート機能、ミュートしている人が多いのかな

コラム Twitter

Twitterが自動ミュート機能を追加したらしいんだけどさ。どうやらこれ、質の低いコンテンツを提供するユーザーを自動ミュートしてくれるらしい。

自分がフォローしている特定のユーザーのツイートを自分のタイムラインに表示させなくする。ミュートしたユーザーからリプライが来ても通知が届かない。フォロー解除(リムーブ)と異なる点として、そのユーザーへのフォローは解除されず、対象の相手にはミュートを設定したことは知らされないため、自分自身からは相手にミュートされたことを確認するのは難しい。ミュート状態を解除することも可能。

参照:Twitter - Wikipedia

裏を返せばね、普段、ミュート機能を使っているユーザーがいかに多いかってことでしょ。

だったらTwitterがじきじきにそういう機能をつけましょか? ってことになったのかなと感じたんだ。

自分はTwitterを使いこなしていないし、それほど重要視もしていないんだよ。なのでTwitterのタイムラインを一字一句目を通すこともないしね。

たまたまTwitterに繋いだ時にタイムラインに流れてくるものを読むぐらいなんだ。

それにTwitterって文字が流れて埋もれていくイメージがあってさ。自分は文字を流れたまま終わらすのはもったいないと思うみたいでね。

それだったら書いた文字をTwitterに使うのではなくブログに使った方がいいかなとなったんだ。

もちろんTwitterなんて人それぞれいろんな使い方があるからさ。どれが正しい使い方は分からないんだけどね。

最近気になっていることがあってさ。自分は記事がTwitterでシェアされたらエゴサーチして調べてね。RTすることにしているんだけどさ。

エゴサーチしても引っかからないTwitterアカウントがあるんだよ。おそらくTwitter側からスパム判定されているんだと思うんだけどね。

これってTwitterに問い合わせした方がいいんじゃないかな。試しに自分のツイートが検索に引っかかるか試して引っかからないようならさ。Twitterに問い合わせた方がいいと思うんだよ。

たしかにTwitterアカウントを始めたばかりだったら、検索に引っかからないのもしかたないんだけどね。

ある程度の期間、Twitterをやっていてさ。検索に引っかからないようだと、いくらその人がTwitterで記事をシェアしたとしても記事を書いた本人には伝わらないで終わってしまう可能性がある。もちろん自分のツイートしたものが検索で引っかかることもない。

それってもったいないと思うんだよ。記事を書いた本人に感想が届いて交流が始まるきっかけになるかもしれないからさ。

Twitterを使いこなしていないからこそ、見えたもの、感じたことを今回は書いてみました。 

www.ishikawayulio.net

Twitter

Twitter

 
ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

 
Twitter(ツイッター)で簡単に数万人に広告できます!

Twitter(ツイッター)で簡単に数万人に広告できます!