読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

her/世界でひとつの彼女を観て人工知能に恋をする件

映画・漫画・小説

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]

映画『her/世界でひとつの彼女』について

主人公の男性は幼なじみの妻と離婚協定中なんだけどさ。満たされない生活をしているんだよ。

見知らぬ女性と電話で○×したりね。もうね、ぽっかり穴があいている状態。

※◯×は想像におまかせします。

そんな矢先にさ。人工知能型OSシステムのサマンサと出会うんだよ。

人工知能っていっても賢くてね、女性の声で主人公と無邪気に語り合ったりするんだけどさ。

何だろうな。コナミから発売されたラブプラスのようにね。女の子が感情表現するんだよ。笑ったり怒ったり喜んだり感じたりみたいなね。

人工知能型OSシステムなのに主人公が他の女性と会おうとすると気になったりするしさ。

昔、電車の中で人目を気にせずラブプラスをやっている男性を見かけたことがあってね。

その男性は3DSの画面見ながら幸せそうに微笑んでたよ。このゲームリア充めって思った。

自分もラブプラスはやったことあるけどさ。正々堂々、電車でやる勇気はない。

だけどそういうゲームにはまる気持ちは分からなくもないしね。ゲームキャラの女の子に恋をする男性の気持ちも分からなくもない。

ただ、ラブプラスの女の子と結婚式をあげる男性のニュースを知った時はさ。

え? まじで? とびっくりしたけどね。

男の人ってさ。いったん愛着を持っちゃうと一途な一面があると思うんだよ。

いったん気に入ったら同じメニューしか頼まないしね。

※自分の場合はすき家でチーズ牛丼しか頼まない。

気に入った食べもの屋ができるとさ。そこばかり行ったりきたりしてしまう。

※自分の場合、ゴーゴーカレーばかり行く。

主人公は人工知能の女性と○×しちゃうんだけどね。

※◯×は想像におまかせします。

これから高齢化社会が進んでいってさ。孤独な高齢者が増えていくだろうからね。

人工知能が搭載されたアプリみたいなのがあると寂しさを埋めることができるんじゃないかなって思った。

人工知能が搭載されたアプリがさ。落ち込んでいる自分を励ましてくれたりね。自分がしようとしていることを秘書みたいに手助けしてくれたらさ。

しだいになくてはならない存在になるわけじゃん。感情移入だってしてしまうと思うんだよ。

何回も顔を合わせたり話したりすることでね。人間ってその人に親近感を持つ。それは物でも同じことでさ。

毎日使っているものは愛着がわいてきてね。なくてはならない存在になっていく。

テレビで観たんだけどさ。タレントのTwitterのツイートを人工知能が分析してね。

タレントに成り代わって返事とか書けるみたいなのがやっていたんだよ。それを観て人工知能やばいわって思ったよ。

主人公と人工知能のOSシステムのサマンサの恋の行方は映画を観てからのお楽しみです。

映画『her/世界でひとつの彼女』予告編

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]