読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23作品LINEスタンプ作成!広島カープファンのMakishinさん、カープ愛や著作権裏話、制作秘話を語る

インタビュー

世の中にはね、いろんな志を持って活動している人がいる。ドラゴンボールの世界じゃないけどさ。

世界は宝島なんだよ。このユーリオニッキもね、ありがたいことにはてなブログ書きーず(勝手に命名)の読者の皆さんがさ。読んでくれるようになってきた。

もうね、このような状態になったことに感謝しかないんだよね。自分は体験を通じて人様のことを話したりするタイプだからね。

人間がどのような生き方をしているのか。どんな志を持っているのか。知りたくなってしまう時があるんだよ。

オフ会で何度か会って話したことのあるLINEクリエイターのMakishinさんにインタビューさせてくださいとお願いしました。

そしたらね、MakishinさんOKしてくれたんだよ。今回はLINEクリエイターのMakishinさんのインタビューを行います。LINEスタンプに興味のある人の参考になれば嬉しいな。

 ※MakishinさんのLINEスタンプの作品です。

LINEクリエイターのMakishinさんインタビュー

f:id:ishikawayulio:20151017142655j:plain ユーリオ

MakishinさんはLINEクリエイターズスタンプで23作品を作られていますが、このスタンプ販売をしようと思ったきっかけってあるのでしょうか? 

f:id:ishikawayulio:20151017142635j:plain Makishin

以前から、”オリジナル”、”著作権”という、世の中にひとつだけ、それも自分だけに権利があるものにとても魅力を感じていたわけです。 

「何かコピーライト(著作権)を持った作品を持ちたいな!」「自分だけのオリジナルが作りたい」という気持ちがいつも頭の中にありました。 (iPhoneアプリを作っていますが、それもコピーライトを持つことが目的でした)

去年2014年春、LINEクリエイターズマーケットのオープン告知、 【LINEで自作のオリジナルスタンプが誰でも販売可能に】 を見て、 「世界の人たちがオリジナルのスタンプを見てくれるんだ!面白そう、スタンプ作ろう!」となったわけです。

 自分でアニメのようなスタンプ作りは、初めてのこと。 そこで、アニメのオリジナルキャラクターを作っている友人を 半ば強引に誘って(笑)、作ることにしました。 

f:id:ishikawayulio:20151017142655j:plain ユーリオ

「自分だけのオリジナルが作りたい」という気持ちは、ブロガーが自分だけのブログを作りたい気持ちに似ているような気がしました。

iPhoneアプリ作成を経て、オリジナルのスタンプの世界に参入したわけですが、友人といっしょに作る過程はどんな感じだったのでしょうか? 

f:id:ishikawayulio:20151017142635j:plain Makishin

LINEスタンプ制作の初めは、まずはやはり肝心要のキャラクター作りからでした。 

これは友人と二人、お互いキャラクターのアイデアを具体化して持ち寄ったので、意外とキャラクターの基本路線はすぐに決める事が出来ました。 

問題は、どんなポーズにするのか。 どんなシチュエーションを設定するのか・・・でしたね。

 ”世界各国で販売するスタンプ”ということは、宗教とかお国柄のタブーの問題もあるし、また暴力やお酒(未成年への誘惑)をイメージさせたり、キャラクターとはいえ肌の露出が高いものはNG。

LINEクリエイターズスタンプの規約もたくさ~んあって。。。 それから申請時のニックネームも考えなきゃいけない。 

ニックネームは友人の提案もあり、 友人と私の二人の名前を併せたニックネームにしょう!と”Makishin”にしました。

この3つのスタンプ制作は、初めてのことだらけの連続。 いろいろ考えて解決しなきゃいけない事があってホント疲れちゃいましたね(笑) 

だけど苦しいとか、イヤだという感覚は全くなかったですね。 結構楽しみながら、私の考案「ねこのマッキー」、そして友人考案の「めがねこ」と「宇宙クラゲのクラーゲン」の3つのスタンプ制作をスタートさせました。

役割分担はというと、友人がすべてのスタンプの下書きまでを担当。そこからバトンタッチで私がパソコンでマスター画像作り~申請までを担当しました。(販売を急いでたこともあり、この3つは今考えると出来が・・・というところは感じます。) 

そのあと販売した「方言!広島ガール」、「方言!広島にゃんこVol.1」の5作目までは、友人と二人三脚で制作していたのですが、友人がホントに超多忙人でLINEスタンプ作りに関われなくなり、6作目から現在に至るまで、私一人で楽しくLINEスタンプを作っているといったところです(笑)。

f:id:ishikawayulio:20151017142655j:plain ユーリオ

Makishinさんの名前の由来って、まるで漫画家の藤子不二雄さんみたいで素敵ですね。

Makishinさんは生まれた時から広島カープファンだそうですが、LINEスタンプの中に広島カープを題材にした作品が多数ありますよね。

広島カープの魅力について教えてください。 

f:id:ishikawayulio:20151017142635j:plain Makishin

広島東洋カープの魅力は、何といっても広島県民(市民)が作った市民球団だということですね。

広島県民の80%以上が広島カープファンだということを聞いたことがもあるくらい地元密着型の球団なんです。

物心ついたときからそこに、広島カープがあるんですね。 日常の中に溶け込んでいるんですよ、広島カープは。地元の放送局では、夕方から広島カープの番組がありますし、試合の放送もバンバン流れているんです。

地元広島で試合がある日は、広島駅前やマツダスタジアム(通称:ズムスタ) 周辺は広島カープのユニホームを着たファンでごった返しているそうですよ。

勝っても負けても、”いつも広島カープがある”んです。 それだけでうれしい。 たぶん根っからの広島カープファンはみんなそうじゃないかなと思います。 (Jリーグサッカーの熱狂的サポーターのようなものかもしれません。) 

今年は僅差でCSにはいけませんでしたが、来年は優勝!!をめざして 頑張ってほしいです。 

f:id:ishikawayulio:20151017142655j:plain ユーリオ

Makishinさんの広島カープ愛がひしひしと伝わってきますね。たくさんの想いがつまった広島カープの話を聞かせていただき、私も来年こそは優勝目指して頑張って欲しいと思いました。

さいごの質問になりますが、これからLINEスタンプを作ってみたいと考えている人に何かアドバイスはありますか?

f:id:ishikawayulio:20151017142635j:plain Makishin

LINEスタンプ制作を始めてから、Twitterやfacebookでたいへん多くの方と知り合う機会を得ました。

これが私にとって”最大の魅力”ですね。 Twitterでは、ラジオDJ・ブロガーの熱い”友情&愛情”をお持ちのかみじょーさんをはじめ、ユーリオさん、様々な方たちとつながることが出来ました。

学生の方もいらっしゃれば、ブロガーの方、いろんな業界で活躍されている方たち、そしてもちろん同じLINEスタンプを制作している方とも交流しています。 オフ会もあってとても楽しいです!

最近Twitteでは、海外の方たちとの交流もあり、楽しいやり取りをしています。 日本人だといっているのに、英語やポルトガル語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、アラビア語、ロシア語・・・で連絡が来るので、毎回ググって翻訳してはお返事・・・(泣)。

最近は簡単に単語を並べた英語でしか返信しませんが(笑) 海外の人たちとやり取りしていて一番面白いのが、日時が違う!ってところなんです。

例えばこちらは「夜」なのに相手は「おはよう」の世界になっていて、時計の概念が吹っ飛んだようで、とても面白いです(笑)。 

facebookでは、同郷の広島の人たちと盛んにメッセージのやり取りをしています。 

お会いしたこともない方たちなんですよ。それなのに、私のLINEスタンプのPRのお手伝いをしてくれているんです! 

その顔が見えない愛情は、私にLINEスタンプを作り続ける勇気やエネルギーも与えてくれています。 とても幸せなことです。

ネットというデジタルな世界の事でカラっと乾いた世界だとばかり思ってましたが、意外に現実は、アナログでハートフルなところがあるんだ!と。

いいですよ~、LINEスタンプを作って世界の人たちとつながるって! 

f:id:ishikawayulio:20151017142655j:plain ユーリオ

LINEスタンプで世界の人たちと交流する。これって素敵なことですね。言葉が通じなくても絵柄で相手がどんな気持ちか分かりますからね。

私もMakishinさんとリアルで会ってお話する機会があったからこそ、こうやってインタビューをお願いすることができました。

お忙しい中、インタビューに答えていただきありがとうございました。

ユーリオ的まとめ

Makishinさんのインタビューをやってみて感じたのはさ。ブログにしてもLINEクリエイターズにしてもね。

何かを作り出すことは同じなんだよ。自分は仕事でブログをやっているわけじゃないけどね。

草食系でもいい。ブログ上では肉食系であれ!ではないけどさ。

www.ishikawayulio.net

ダメ元でもインタビューさせてくださいって言う姿勢って大事なのかなって感じたよ。それではさいごにMakishinさんのTwitterとLINE STOREを紹介します。

twitter.com

store.line.me

中沢啓治著作集(1) 広島カープ誕生物語

中沢啓治著作集(1) 広島カープ誕生物語