読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

待機児童問題って深刻なんだよ!#taikijidou0challenge

まずあらかじめ言っておきたいのはさ。自分は待機児童問題について、詳しいことを知っているわけでもないしね。

また、その問題について調べたわけでもないということ。だから間違った認識で話している部分があるかもしれない。

けれどもね、お友達の双子パパYuichi (id:okazudesu01)さんが下記の記事を更新していてさ。

【拡散希望!】働きたいけど働けない!待機児童問題に悩むママパパの声を聞いて!!「待機児童ゼロチャレンジ」を開催します!#taikijidou0challenge

happy-twinslife.com

自分はたまたま読んだんだよ。詳しい内容はYuichiさんの記事を読んでもらうとしてね。

Yuichiさんは双子の赤ちゃんを持つお父さんなんだけどさ。双子の赤ちゃんの子育てについて特化したブログをやっているんだ。

自分は結婚経験もないし子供もいないんだけどね。それでも自分に子供がいたとしたらさ。

どこで悩んだりするのだろうと思いながらね。Yuichiさんのブログを読む時があるんだ。

※ちなみにYuichiさんははてなブログもやっています。

okazudesu01.hatenablog.com

本題にはいるとさ、Yuichiさんが住んでいるところでは待機児童がゼロとなっているらしいんだけどね。

実際は保育園に入れないらしいんだよ。それで子供を保育園に預けて働きたくても働けないお父さん、お母さんがいるという現実があるみたい。

もうね、少子高齢化が進んでいるにも関わらず、保育園に預けることができないってどういうことよ。

これじゃあますます少子高齢化は進んでいくわけでさ。きちんと子供を育てることのできるシステムがあってこそ、安心して子供を産んで育てようと考える夫婦がいるんじゃないのって感じたんだ。 

10年、20年先を考えた場合にね。せめて子供を育てたい。保育園に預けて働きたい夫婦をさ。

支援できる環境にする必要があると自分は思いました。今回、この記事を書いたのはね。

自分は言葉は威力を持つと思っているんだ。それは良い方向にも悪い方向にもだけどさ。

ブログで待機児童問題について発信することによってね。署名活動のようにひとつひとつの力は小さいかもしれないけれど、署名が集まることによって声が大きくなってさ。

ついには大きな山を動かすことに繋がったら嬉しいよね。ブログを書いている者同士だからこそできることがあると思うんだよ。

ブログ署名で小さなお子さんを持つ親御さんたちの未来を変える。ブログにはいろいろな可能性があるんだと自分は思います。

待機児童についてブログで書きたい人へ

以下、【拡散希望!】働きたいけど働けない!待機児童問題に悩むママパパの声を聞いて!!「待機児童ゼロチャレンジ」を開催します!#taikijidou0challengeの記事の引用します。

1.ブログなどの記事を発信する媒体を持っていれば誰でも参加できます

2.「待機児童」について思うこと、経験談、対策、喜怒哀楽、その他諸々を記事にする(ご自身のブログ等で)

3.記事のタイトルに「#taikijidou0challenge」を入れて、このチャレンジだとわかるようにする Twitterでハッシュタグをつけてシェアする 自分が「待機児童」について考えを発表して欲しい人を2名指名する

※どうしても次に回す人がいない場合は、そこで止まっても大丈夫ですよ^^;

※でもできれば回してくれると嬉しいです これだけです。

期限はとりあえず4月1日午前0時までとします。

自分は特に誰かにバトンを回すはやりませんが、これを読んだ人たちの中で、ブログで書くぞと思った人はどんどん書いてください。

「待機児童ゼロチャレンジ」 #taikijidou 0 challengeのトピック

「待機児童ゼロチャレンジ」 #taikijidou 0 challengeのトピックができたみたい。 

b.hatena.ne.jp

保育園に入りたい!2016年版 日経BPムック 日経DUALの本

保育園に入りたい!2016年版 日経BPムック 日経DUALの本

 
「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか? (角川SSC新書)

「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか? (角川SSC新書)