読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterの制限文字数1万!ぼくらの地球を守ってよ

トピック「1万字」について

Twitterのツイートの文字数が増えるってことはさ。考えようによっては恐ろしいことなんだよ。

140文字以内だからこそ気軽にスマホからスクロールして読み進めることができるわけでしょ。

それなのに誰かが原稿用紙10枚分(4000字)ぐらいの文章をツイートしてきたらね。

読むのも大変だろうし、読まずにスクロールするのも時間がかかるしさ。高速で文字をスクロールするって目によろしくないわけでしょ。

しかもその人が連続で長文ツイートした日にはね。もうね、エルム街の悪夢なんじゃね? って思ったよ。

三木崇行 (id:takayukimiki) さんが10000文字で書いている記事があるからさ。10000字をスマホでスクロールするとどんな感じなのか試すといいかもしれない。

※自分はしっかり10000文字きっちり読みました。

www.mikinote.com

こういうことになるとさ、自分は元々Twitterを使いこないしてないからいいんだけどね。

どっぷりTwitterありきでやっていた人たちの間でさ。Twitter離れが起きるんじゃないかって思ったんだ。

何でもそうだけどね。仕様変更があるといろんな意見がでることになる。反対意見だってでる。

下手したら誰かの記事をコピーペーストしてツイートしちゃう人もでてくるかもしれない(これは三木さんも記事で言ってました)。ちなみに三十路くん (id:MisojKun) さんも

Twitterが「140文字制限撤廃」をするらしいけど・・・ブログの記事を、コピペでつぶやく人大量にでそう。(ryの記事で同じこと言ってたんだけど、気になる発言をしていた。

Googleの検索には引っかかるんだよね。Twitterのドメインは半端無く強いから、オリジナルよりほぼ間違いなく上に表示される。 最悪じゃない? 激おこプンプン丸になるわ。

Twitterが「140文字制限撤廃」をするらしいけど・・・ブログの記事を、コピペでつぶやく人大量にでそう。(ry - 三十路!(つぶやき)

記事がパクられドメインパワーで検索上位にいってしまう。怖いなぁ、自分らの地球を守ってよと思ったよ。yukarin (id:love-musicflavor0928)さんはTwitterが1万文字まで増えるらしいので物申すの記事でこんなことを話していたんだ。

140文字だからこそ、伝わっていたものもなくなってしまうのはちょっと残念な気がしますね。だから私自身は変わらずに、1万になろうが2万になろうが、140字くらいでつぶやき続けるでしょう。例え世界が変わろうとも(オマエナニサマw)

Twitterが1万文字まで増えるらしいので物申す - 未経験から!Webデザイナーを目指すBlog

もうね、yukarinさんにしても決意表明というかさ。いろいろ考えているんだなって感じたんだ。

Toma_G (id:tomag)さんは10000とかすでにつぶやきじゃなくて重度の独り言だよね・・な話 の記事でこんな発言をしていたんだ。

おそらくは「ブログやるほど発信大好きさんではないけれど、今の短文では表現しきれない熱いものを吐き出したい層」がターゲットなんでしょうが、はたしてうまくいくんでしょうか(笑) 140文字ならではの良さは忘れないで欲しい

10000とかすでにつぶやきじゃなくて重度の独り言だよね・・な話 - とまじぃさんち

つまり新たな層をターゲットにするということなのかもしれない。時代はめぐりめぐって変わっていくからね。

Twitterはバカッターと言われているぐらいだしさ。とんでもないツイートを見かけることがある。

どっかの回転寿司のしょうゆ口に鼻をつっこんでる画像を見かけた時にね。残念な場面を見かけてしまったやるせなさがあったんだ。

しかも思いっきり顔出ししてたからさ。デジタルで表示されているものってパソコンからでもスマホからでも保存できてしまうからね。

ここだけの話にはできないんだよ。その人が仮に将来政治家になったとしたらさ。

きっと誰かが過去の過ちの黒歴史画像(鼻につっこむ)を暴露する可能性だってある。

最近の学校教育ではパソコンやタブレットが勉強する機材としても利用されているみたいだからね。

道徳の時間なんかにTwitterで気をつけなければいけないこと等の授業をやった方がいいんじゃない? って感じることがある(やっているのかもしれないけど)。 

やり方によってはさ、この先どうなるの? と気になるぐらいの文章までをツイートしてね。

もしもこの先が知りたければURLをクリックして読んでください。続きはWEBでみたいなこともできるかもしれない。

URL先が有料コンテンツを販売できるノートにしてみるとかさ。やるやらないは別としてTwitterの使い方は広がるんじゃないかなと思いました。

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)